すぐに男性に見切りをつけてしまう人へ

20代、30代の女性婚活をサポートする結婚相談所ブライダルサロンZERO代表の永谷です。

 

今回は『すぐに男性に見切りをつけてしまう人へ』です。

結婚相談所で婚活をしていて長期間うまくいかない人の特徴の一つに『すぐに見切りをつける』があります。
この状態に陥るとずっと婚活がうまくいかない負のスパイラルに陥ります。

もし、長期間うまくいかない、デートが楽しめない、交際が続かないとお悩みの20代、30代女性は是非最後まで読んでください。

すぐに見切りをつけてしまう人
自分は何の努力もしていない
曖昧にする大切さ
まとめ

すぐに見切りをつけてしまう人

お見合いや交際で「この男性は合わない」とすぐに見切りをつけて終了を告げてしまう人は要注意です。
何か明確に相手に問題があれば、別ですが長期間に渡り同じ状況に陥る人は相手ではなく、自分に原因がある可能性が高いです。

何か自分の意にそぐわない発言や行動をちょっとしただけでイライラ、モヤモヤしてしまう人は要注意。

・お店を選んでくれない
・リードしてくれない
・スケジュールを合わせてくれない
・○○してくれない

などなどで自分の中で「なんで?」「どうして?」が湧いてきて結果「私には合わない」と終了する。

残念ながらこれは相手ではなく、あなたに原因があります。

自分は何の努力もしていない

厳しい言い方になりますが、このように終了する人は相手にしてくれないと不満を持つだけで自分は何の努力もしていないのです。

やってほしければ伝えればいいのです。
「こうしてほしい」「こうしてくれると嬉しい」その一言さえあれば変わるのです。

しかし、すぐに見切りをつけてしまう女性はその努力をしないのです。
だから不満ばかりがたまり、見切りをつける。

「この人は私には合わない」「もっと他に良い男性がいる」などと原因を自分以外としてしまうのです。
自分は何の努力もしない人は残念ながら婚活がうまくいくことはありません。

2人で楽しく過ごす為の努力さえできれば、すぐに見切りをつけることはなくなります。
そこでようやくお互いの相性だったり、良いところを見つけるステージまでいけるのです。

あなたは二人で楽しく過ごす為の努力していますか?

相手に「こうしてほしい」と要求するのはワガママではなく、二人で楽しく過ごす為の努力なんです。

曖昧にする大切さ

時には楽にする、曖昧にしておくことは大切です。
「こっちが正しい」と自分の意見を押し通す必要はありません。
ここがうまく付き合うポイントです。

大切なポイントは譲らない。
だけどそれ以外はある程度許容するのも大切です。
譲れる部分は譲る、そして譲れない部分はしっかり通すことが良いパートナーシップ、そして幸せな結婚のポイントだと思います。

『余白』と『余裕』をもちましょう!
すぐに見切りをつけてしまう拗らせ女子はそれが足りません。

まとめ

すぐに見切りをつけてしまうのは相手ではなく、自分の考え方に原因があります。
良くする努力、伝える行動が大切です。

譲れる部分は譲り、譲れない部分はしっかり通しましょう。

心に余裕と余白がポイントです。
それができれば相手の良い部分が見えてきますよ♪

少しでも参考になれば嬉しいです。

 

関連記事

  1. 愛知、岐阜、三重、名古屋女性専門結婚相談所ブライダルサロンZERO愛情表現

    なぜ男性は「好き」と言わないのか?

  2. Match Parkに特集されました!

  3. 愛知、岐阜、三重、名古屋女性結婚相談所ブライダルサロンZEROwoman新年挨拶

    2020年新年のご挨拶

  4. 愛知、岐阜、三重、名古屋女性専門結婚相談所ブライダルサロンZEROwoman運命の出会い

    出会い方にこだわる意味ある?

  5. 「事実が知れて良かったです」婚活セカンドオピニオン実施報告

  6. 29歳女性が3人連続してご成婚した理由