『可哀想な自分』の承認欲求

こんにちは😊東海地区の悩める婚活女性の味方!

キュンキュン話が大好きな名古屋の結婚相談所(ブライダルサロンZERO)カウンセラーの松永です😊

 

こちらも読んで頂けると嬉しいです

 

今日は、マイナスの承認欲求についてです。

承認欲求は誰にでもありますよね!

仕事ができる自分、スポーツが得意な自分、料理ができる自分 など、できる自分を褒めて欲しい、認めてほしい。

でも、今回は、

可哀想な自分、できない自分を認めてほしいという欲求についてです。

カウンセラーをしていると様々なお悩みの相談を受けます。

困った時や悲しい時にお話を聞いて、分析して解決策の提示や前へ進むための後押しなど、自分ができる範囲の事で、悩んでいる女性が何とか前に進めるように一緒に努力します。

でも、たまに私たちの言葉や想いが驚くほどヒットしない。というか、聞いてなかったように堂々巡りになることがあります。

先日こんなことを経験しました。

『私もうダメなんです。』

『そんな上手に話したりできないんです』

『私は綺麗じゃないから、、、』

はじめは同情してほしい、慰めてほしいという気持ちからくるものかな?と思いましたが、根本はそうではないことに気がつきました。

自分に自信がなさすぎるからなのかな?とも思いましたが、そこも違いました。

色々考えて、、、

そしてやっと気がついたのです。

何かあった時の保険なのか!と。

できないことを自分で認めたくない。

つまり、

『できなくて当然でしょ?だって可哀想な私なのだから。』という気持ちが根本にあるんだなと気がつきました。

それは、自分に自信がないから出てくるものではなくむしろ逆で、とてもプライドが高い。だからこその言葉や行動だったのです。

でもその保険をかけていたら本当の幸せを遠ざけてしまいます。

なぜなら、ずっと言葉では暗いことを話していて、励ましても響かない。そういう時間が増えてきたら、僕はなんなんだろう?ってなりますよね、、、

だからこそ、楽しい気持ちや嬉しい気持ちをたくさん一緒に共有できるような女性になって欲しいなと思います。

どうしたら良いかわからないという方は、お気軽にご相談ください⭐︎

関連記事

  1. 好きになれないと悩む女性が実践すること

  2. おしどり夫婦を目指す私が気をつけていること

  3. お相手の考え方を決めつけていないですか?

  4. 悪いのは私じゃないから・・・?

  5. リレーブログ『初デートの心構え』~松永編~

  6. 自己肯定感を上げる方法⭐︎